会社概要
会社概況
主な事業
営業品目
沿革
ISO認証取得
営業所
製品詳細情報
パートナーエリア
先輩からの一言
勤務と待遇
採用要項
社長の言葉
お問い合わせ
カタログ資料請求
 

トップページ会社情報 会社概要主な事業 > 営業品目

 

私達の毎日の生活に欠かすことのできない大切な水。 いつまでも変わらぬおいしい水の安定供給が図られるのも、 水道水をコントロールする各種施設で活躍するバルブがあればこそできることです。 浄水場での取水施設、浄水施設、そして配管網に至るまで、 「清水のバルブ」はそれら数々の機械設備のいたるところで昼夜休むことなく働き続けています。
四季折々を楽しみ、そのときどきの気象条件で水に恵まれているわが国であっても、 淡水として河川や湖・貯水池などにある量はごく僅かとか。 地球上のほとんど大半が南極の氷として存在するという。 このことからも、限りある水資源を私達地球上に生きるものとして大切にしなければならないと考えています。
四季の楽しい移ろいとは別に、水の戯れには暮らしを脅威に陥れるものがあります。 日本列島を襲う台風や集中豪雨、河川の氾濫など各地に大きな傷跡を残していきます。 そのための悪影響は農業、経済そして私達の暮らしと多大なものがあります。 そのこともあってわが国は、巨額の予算を治水事業に計上、投じています。 洪水防止、内水排除などに欠かせない排水機場、導水機場などにも各種バルブが採用され、 治水に一役果たしています。治水事業は自然との戦いであり、また平穏な社会生活維持のために必要な手段です。
限りある水の確保は、社会の営みとりわけ都市機能にとって大変重要な課題です。 例年のように日本のどこかで水不足といったニュースが流れています。 自然の雨乞いと、ダムや浄水場だけでは十分とはいえない上水道を補うためにも、 また人に優しい「水・河川の復権」、そして水の再利用および循環を促すうえにも、下水道の整備・拡充は不可欠です。 下水処理施設でも、信頼の高い「清水のバルブ」が大きな役割を担っています。
農業製品はワールドワイドな自由貿易とその流通問題は、今日避けて通ることができません。 とりもなおさず、農業経営の高効率化は、農業の存続にかかわる切迫した課題でもあるわけです。 農地整備、灌漑施設の整備、集落排水処理施設は、農業利水のためにも、 また一層充実した方向へ遂行していかなければなりません。 「清水のバルブ」も私達のよりよい食生活にも密接にかかわりあっています。
高度情報化社会にあって、その情報処理のためにはコンピューターは欠かせないツールです。 そのハードウェアやソフトウェアの製造に必要な水は、純粋さを必要とします。 このことからもまた、地盤沈下、農業基盤の整備など、工業用水道事業の果たす役割の大きさは量り知ることができないほど大きなものがあります。 長年培ってきた実績、それにともなって築かれた優れたテクノロジーの集積、 さらには研究開発の成果により、「清水のバルブ」は、各地で採用され、高く評価されています。